« 動的定数のテクニック | トップページ | Javaでの概念層を追及してきたが »

2007年2月27日 (火)

プログラマ不要論

「そのうち、プログラムを作るプログラムが出来るから、プログラマは不要になるさ。」
「要するにジェネレーターというやつだね。で、全てのプログラムを作るプログラムなんてできるのかい?」
「は?そんなプログラムなんてできるわけないだろう?」
「ふむ。じゃあプログラムを作るプログラムはプログラマが作るんだね?」
「当たり前じゃないか。俺が言っているのはプログラミングの熟練者が要らなくなるということだ。」
「なるほど。で、君は今なにをしているんだい?」
「今? 今は将来転職先で困らないように、OracleとUNIXの勉強をしているよ。それぐらいは最低限できなければいけないし、それくらいできればまあ一般的なことで困ることはないだろうからね。」
「なるほどね。OracleとUNIXか。確かに有効だね。まあ俺はこれからもプログラマでいるし、プログラミングの道を進んでいくよ。」
「じゃあね。」
「じゃあまた。」

|

« 動的定数のテクニック | トップページ | Javaでの概念層を追及してきたが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プログラマ不要論:

« 動的定数のテクニック | トップページ | Javaでの概念層を追及してきたが »