« やはり、Javaで標準でGUIが使えるというのは大きい。 | トップページ | アプリケーションを作るには »

2007年11月20日 (火)

VBAはすごい

なにが凄いって、本格的な言語だということ。
それも汎用的な言語だ。
VBAからVBSのオブジェクトとWinAPIにアクセスできる。
ということは、Windowsのアプリケーションに近いレベルのものが作成できる。
これは凄いことだ。こんなに凄い言語が単なるマクロなんて呼ばれて良い訳ない。
多くのVBAの本では、VBSのオブジェクトにアクセスできることも、WinAPIにアクセスできることにも触れていない。しかし、それらが合わさって初めてVBAの凄さがわかるようになる。
VBAだけではEXCELなどの世界に閉じてしまうのだが、先の2つのオブジェクトへのアクセスを持ってVBAは豹変する。
有名な言語でもVBAには勝てないんだ。対抗できるのはJavaくらいじゃないか。
だって、PerlにしてもCにしてもRubyにしてもLispにしてもGUIを持っていないじゃないか。
JavaScriptはGUIを持っているがローカルの資源にアクセスはできない。
それがVBAはGUIをを持っている。そしてアプリケーションのマクロ言語でもある。
これだけでも先の有名な言語たちを負かしてしまっている。それほどのGUIを持っているかどうかの違いは大きい。だから同じくGUIを持っているJavaのみが対抗出来ると言う事になる。しかも、VBAはほとんどの職場で使用できる。Officeにデフォルトで入っているからだ。

VBAで作業の自動化が可能となる。バッチでは無理だ。バッチではファイルの編集ができないので無理だ。バッチで出来ることなんて高が知れている。いや無理をすれば色々出来るのだが、かなりの無理であって言語の使用想定外の無理さが必要となる。

どんなに言語が高性能であってもGUIが使えないのならば、その利便性は大きく劣ってしまう。そのことはDOSとWindowsの違いに等しい。

そりゃあたしかにRubyでもPerlでもGUIは可能だろう。専用の別途GUIシェルとなるソフトをインストールすれば。しかしそんなソフトウェアをインストールできる職場環境なんてこのセキュリティ優先の時代にはもう存在していないのではないか。
そもそも職場のPCに好きなソフトをインストールできる職場は自由というよりはセキュリティに問題がある駄目な職場だろう。
だから、デフォルトに存在していない、あるいは広く広まっていない、マイナーなソフトに頼るようなGUIじゃあ駄目なんだ。
だからRubyやPerlのGUIは存在はしているけど、事実上使えない状態なんだ。

RubyがVMの環境に移行しようとしているのも大きくはこのようなことが原因だろう。
VMの恩絵によってJavaのように標準でGUIが使えるようになることが大きいのだ。
だから彼らはVMにRubyを移すことに必死だ。そしてそれは正しいだろう。

何はともあれVBAだ。VBAができるようなれば世界は大きく広がる。
VBAは力なり。武器なり。とてつもなく実用的な武器だ。

|

« やはり、Javaで標準でGUIが使えるというのは大きい。 | トップページ | アプリケーションを作るには »

コメント

ブログ読ませて頂きました、私もVBAは低コストで開発でき,VBS,APIも使える凄い言語だと思います。SQLもモジュユール内で実装できます。VBAを下等な言語と言うSEもいますが大間違いだと思います。因みに私が投稿したVBAのサンプルも
覗いて見て頂ければと思います。
http://89395735.at.webry.info/

投稿: 失業中の中年男 | 2011年4月 4日 (月) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やはり、Javaで標準でGUIが使えるというのは大きい。 | トップページ | アプリケーションを作るには »