« Junitと生産性 | トップページ | 開発とはマッシュアップだと思う »

2009年6月22日 (月)

LL言語は職場では使えないと悟った

Groovy、Ruby、Python、これらのLL言語は残念ながら職場では使えないと悟った。
なぜならば、これらLL言語でJava開発で必ず存在している言語というのは存在しないからだ。
唯一、最もその可能性が高いのはGroovyだ。
GroovyはEclipse3.4にデフォルトで付いているからだ。
しかし、これもかならず3.4が使えるとはいえないのがつらい。
結局、LLを職場で使おうとしても、どうしても外部からインストールが必要になってしまう。
これがあるがゆえにLL言語は残念ながら職場で活かすことは難しいと思われる。
仮にダウンロードできる職場があったとしても、他の現場では保証されない。

仮に完全に独立して、自宅でのみ作業をするというのならば別だが、
そのようなことは当分はないので、やはり現場で使えるかどうかが肝となる。

すると、本当の意味でどんな現場にもあって使えるLL言語となると、
実はJavaScriptしか存在しないことが明らかとなる。

|

« Junitと生産性 | トップページ | 開発とはマッシュアップだと思う »

コメント

実体験も踏まえてJavaは残念な案件が多いって話はよくあるけど、これ見て何となく分かったような気がする。

サーバリソース考えないでミドルやフレームワーク勝手にインストールしてコード組む奴は逝ってよしだな。挙句FullGCだし。

投稿: インフラ屋 | 2012年5月 1日 (火) 13時32分

タイトルが主観的過ぎ。誤解の元ですなw

「LL言語は職場では使えないと悟った」
これは、
「Java開発の現場においてLL言語は使えないと悟った」
という形に書き直すべき。

Perlオンリーでガリガリ開発してたところでは
そもそもEclipseやTomcat等重いアプリのインストールは禁止されてましたからね。

逆にJavaツカエネって世界観でしたが。

投稿: ばしくし | 2011年10月10日 (月) 23時38分

>のなめさん
SI業界の人やセキュリティに厳しい現場の人じゃないと記事で書いている事の意味はわからないでしょうね。eclipseは「使用が許可されたソフト」だから使えているんですよ。たかが見解の不一致で人を見下すのはよくないですね。

投稿: tks | 2011年4月 3日 (日) 14時09分

私は環境構築まで含めてエンジニアの仕事と考える。
コーディングのみが仕事ではないということは、
十二分にご理解いただけるはずだ。
Eclipseは外部からインストールしたものにも関わらず
「外部からのインストールができない」
というのはなんともおかしな話である。

もう一点、Javascriptは確かにサーバー側からすれば
確実なものかもしれないが、クライアント側からすればそうではない。
ブラウザ毎に動作が違ったり動かなかったりするものが確実だろうか。

傲慢な考えは視野を狭くする。

投稿: のなめ | 2011年2月21日 (月) 00時38分

こんにちは、はじめまして。
記事の内容について、確認させてください。
LL言語が現場では使えない理由は、以下1)もしくは2)のいずれか、と悟られたのでしょうか?
1)インストール作業が煩雑
2)ダウンロードできない環境が多い
3)その他

投稿: みち | 2009年6月24日 (水) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Junitと生産性 | トップページ | 開発とはマッシュアップだと思う »