« OracleによるSUNの買収 | トップページ | クロージャの定義 »

2009年6月22日 (月)

ユニケージ開発手法という古臭いが革新的な開発手法によって

その業務専用のDSLを早く安く作るという手法は確立されたと言っていい。
Common LispによるDSL作成能力は残念ながら否定されてしまったに近い。
ユニケージ開発は、シェルスクリプトと独自コマンド群から成り、
シェルスクリプトはLinux標準のbashを使い、独自コマンド群はそれぞれ
目的にあわせて独自の開発言語を使うという柔軟な手法を提供する。

シェルスクリプトという最高級言語でありながら、独自コマンドによって
詳細な処理の補完と拡張を可能にしている。
シェルスクリプトの最大の欠点は、それが粒度の細かい処理がほぼできない
という点と、関数による拡張性を持たないという点だった。
しかし、独自コマンドの作成という使い古された手法によってそれが
解決されてしまったのである。

さらにユニケージ開発手法はもう一つ重要な主張をしていることになる。
それはシステム開発につきもののRDBを不要であるとしていることである。
データの保存は全てファイルでいいとしている。
これも革新的な主張なのであるが、まだこちらは注目されていない。
むしろこちらの方がインパクトは大きいかもしれない。
RDBを使わずファイルを使用することで、データのポータビリティーがよくなる。
ただし、懸念されるのはパフォーマンスであるが、それは近年のハードの
性能向上と企業内システムという比較的小規模なシステムという2点によって
解消されるとしている。

|

« OracleによるSUNの買収 | トップページ | クロージャの定義 »

コメント

そもそもスケーラビリティなど不要な、ちゃっちい企業向けシステムでしょ?
あと、マシンを分けるってことは、余計な費用が出て行くことになるわけで、そういう企業にとっては無駄なコストに過ぎません。
スケールアウトではなく、スケールアップで十分パフォーマンスをカバーできるレベルのシステムであれば、極端な話WEB/DBも含めてサーバ一台でも十分パフォーマンスすると思います。
耐障害性という意味で、2台にしておけばそれだけで、もう十分過ぎるんじゃないでしょうか。

ちなみに、シェルとテキストファイルは、ともに十分軽いですよ。
あと、tarでもzipでもいいですけど、テキストファイルの圧縮効率も非常に高いですしね。

DBといったときに、なんでもかんでもRDBという認識は
これからの時代、発想を自由にした方がいいと思いますね。
コンサルやガリバー系SIerのいいなりでは、コストがかかって仕方ないと思います。

投稿: ばしくし | 2011年10月10日 (月) 23時17分

スケーラビリティを確保するため、メンテナンス性を高める為にマシンを分ける時、ファイルでアクセスしてたら、逆に遅くなる気がする。
そもそも、DBMS(データベースマネジメントシステム)を使う目的は、データ蓄積とそれを利用するアプリケーションを分離することにあったように思うのだが...。
COBOL時代のレコードの概念宜しく、またファイルのレイアウトやなんやらを意識しないといけなくなるのだろうか?

投稿: ff | 2010年1月18日 (月) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« OracleによるSUNの買収 | トップページ | クロージャの定義 »