« オープンはセキュリティに敗れる | トップページ | 商標、ライセンス、ソフトウェア特許、著作権、セキュリティ »

2012年11月11日 (日)

オープンソースを身にまとったクローズコードの群れ

Webサービスの多くは、サーバー側のコードを公開していない。
それでいながら、彼らの多くはGPLを信奉してオープンソースを声高に叫ぶ。
Googleにしてもはてなにしても何にしても、サーバー側のコードを公開している
ケースは極めて少ない。
そして、この事に触れられた記事は極めて少ない。
彼らはガチンコでクローズソースを実行しているのに。
Webサービスはサーバー側のソフトウェアを配布しているわけではないため、
GPLのツールを使用してもコードを公開する義務は生じない。
だから彼らはGPLに賛成してそれを進める事で自分が使えるツールを増やす事ができる。
また、サーバー側のソフトは配布されないため、ライセンスや著作権などで
防御する必要がない。
彼らの本質的な矛盾は、自らはGPLなどのオープンソースに賛成しているのに、
自分たちのサーバー側のコードは決して公開しない、という点だ。

|

« オープンはセキュリティに敗れる | トップページ | 商標、ライセンス、ソフトウェア特許、著作権、セキュリティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オープンソースを身にまとったクローズコードの群れ:

« オープンはセキュリティに敗れる | トップページ | 商標、ライセンス、ソフトウェア特許、著作権、セキュリティ »